JETLI TYPE-M


◆管理人プロフィール
天照/AMATERASU
空/SORA

links

●Jet Li Fansite 天照庵
●天照庵モバイル
●JET LI STYLE
●JET LI MOVIE COLLECTION
●天照庵のブログ
●庵語録ブログ

JET UNION(ジェット同盟)  JET UNION(ジェット同盟)  JET UNION(ジェット同盟)

categories

archives

others

mobile

qrcode

環境問題と JET LI

当記事は、明日分の記事の中で投稿させていただく予定だったのですが、
長くなり過ぎましたので別の記事として投稿させていただく事にいたしました。

画像なしの記事だけになってしまった事をどうぞお許しくださいませ。。。
申し訳ございません(ぺこりっ。。。)

では、環境問題についてひとつ、お話させていただきます。

2006年の米ドキュメンタリー映画不都合な真実をご存知でしょうか?
一瞬だけアメリカ大統領になった(猛爆)アル・ゴア氏(元米副大統領)が自ら語る
『地球温暖化に対する無策の告発』というふうに書かれているのですが、
それだけではないんです。



母親が子供たちや家族の健康状態を正しく把握しなくてはいけないのと同じように、我々は地球の健康が蝕まれている状況を正しく理解する責任がある事。現在の全世界の悲惨な状況と各地で迫害されつつも研究に身を捧げる科学者たちの持つ貴重データの紹介。

しかし決して手遅れではない事。そして最後は、誰にでも今すぐに取り組む事が出来る具体策をいくつも述べられています。印象的だったのは、『子供達は、地球を救って☆と、ご両親に言いましょう。』ってところです。。。そんな事を可愛い我が子に言われようものなら・・・お母さんあなた達の為に地球を救っちゃいますともっ!!!

翌07年にはアカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞に輝いており、このプレゼンテーション(演説?)に深い感銘を受けましたので、皆様に是非お薦めさせていただきます。

そんなゴア氏がつい先日、『個人の力で世界中に最も気候変動への理解を広めた人物』という理由で、2007年ノーベル平和賞を受賞されました。なんと賞金は全額寄付するのだそうです(約1億5千万円ですよっっ)。

連杰様☆クリントンさんの次は、ゴアさんに会っていただきたい(笑)

ワン基金に寄付して♪って意味もあるのですが、それよりも何だかゴア氏の思想が連杰様と重なるのです。環境問題のプレゼンを聞いて感動して涙を流すとは思ってもみませんでした(笑)。きっと、殿とゴア氏は良いお友達になると思うのです・・・

・・・しっかりと抱き合い、何度もハグハグしまくる両氏を妄想中(うはっ♪)

ゴア氏は、学生の頃からこの問題をライフワークにしており、大統領に立候補したのも「地球を救うため」だったのですよ(うあぁ・・・滝涙)他の方たちのように、票のために言ってみただけ・・ではないのです。そうでなければ、今になってノーベル平和賞なんてもらっていないでしょう(笑)

地球温暖化については人類史上(地球史上)の大問題ですので、多少なりとも知っているつもりでおりましたが、実際には「知っている」と思い込んでいいただけで、知らないよりももっとタチが悪い奴だったことに気が付きました(悔改☆)

正直に申しますと、彼に惚れましたっ♪。。。この浮気者ーーっ☆・・・


※この記事は、2007.10.25.に修正されました。
 エル・ゴア氏のお名前は正しくはアル・ゴア氏ですので、訂正し、
 深くお詫びいたします。
 また【不都合な真実】は日本で公開されていないというき記述も誤りであり、
 正しくは日本公開されておりますので、訂正し、お詫びいたします。


>>Jet Li Fansite 天照庵へ



コメント

【小太郎さん】

あ。。。いえ、メイドはただの○○メイドです(照)←意味不明♪

小太郎さんはこの映画はまだご覧になっていないのです??
ドキュメンタリー映画そのものが、ゴア氏のプレゼンなのです☆
ステキですよ。。。惚れちゃいましたもんっ(笑)
まだ家にあるんですが、3回も観てしまいました。。。あはっ♪

そうですよ。。。ロウレスの護送準備の時たしかテレビで「ゴア大統領」って。。。
・・・ってかちゃんと確認しろよっ(爆)

------------------------------------------------------------

【オオニシさん】

ギョギョッ☆そうなんですか・・・日本公開されていたのですね。。。
お知らせくださいましてありがとうございます(深く感謝☆)
早速記事を訂正させていただきましす。。。
ほんっと・・・詰めが甘い(というか世間知らず?)メイドで申し訳ありません。。。

裁判ですか・・・影響力のある方ですから、立場や考え方が違うと衝突するのは
当然かもしれません(苦笑)

うんうん、そうですね。。。
日本も米国のようにスパッと政権交代が出来たら気持ちイイのに・・・と思う反面、
日本で大統領選・・・って、モロ独裁っぽくてコワイです(汗)

------------------------------------------------------------

【ミユさん】

『不都合な真実』についていろいろ調べてくださったのですね。
ありがとうございます(感謝☆)
ミユさんのおっしゃる通り、ゴア氏が熱く語る姿は、連杰様に重なるところがあり、
「どんな批判も受けてたちましょう☆」という情熱に心を打たれます。

早く出会ってハグハグして欲しいな・・・♪
ニコニコラブラブで、ゴア氏に離してもらえない事間違いなし(笑)


  • メイド
  • 2007/10/25 1:09 PM



メイドさん、ありがとうございます!
私も不勉強でゴア氏に関してはよく知らなかったので、今回ウェブサイト「不都合な真実」を少々調べてみました。
そこで印象的だったのは、彼の息子が交通事故にあったことが、環境問題に具体的なアクションをとるきっかけになったということでした。
息子が生還したとき、彼は息子が生きる未来の地球について、真剣に考えたそうですね。


「子供を失うかもしれない、という事態に直面したことは、ひどく苦しい経験であり、私はそこから多くの教訓を得ました。苦しみは人と人とを結びつけるものだと思いますが、苦痛を味わった人から私に手が差し伸べられ、魂同士が結びつくような感じを味わいました。それは何かが転換するような、癒しの感覚でした。その後、私はこれまでとはまったく違った感じで、この貴重な地球を失う可能性に気づきました。それはとても精神的な形での理解で、以前の感情とはまるで違っていたんです」


多少の状況のちがいはあれ、死という逃れられない宿命を目の当たりにして、だからこそ今自分にできることをしなければ・・・という使命感にかられるくだりは、リンチェが体験した津波を連想しました。

正義の実行は、常に賞賛されるわけではなく、同じくらいの批判や中傷、妨害、蔑視などにさらされるものです。ゴア氏しかり、リンチェしかり。
だからこそ彼らの勇気は本物だと思います。
環境問題は発展著しい中国にとっても、とても深刻な課題ですから、リンチェがゴア氏と出会う日もそう遠くはないかも!
そのときはぜひ熱い抱擁を見せていただきたいものですわ〜〜〜!!体格のよいゴア氏の胸にすっぽり納まるリンチェ・・・(はあと)



  • ミユ
  • 2007/10/24 4:01 AM



『不都合な真実』観たよ!上映してますよ。
難しかったのか、ちょっとねてしまいました。
美国では学校で鑑賞してるようですが、それに反対な親もいて、裁判とかになってるようですよ。

クリントンさんにしろゴアさんにしろ引退しても色々活躍してますよね。日本のいろんな方々は名前も覚えてないですが、何をしてるんでしょうかね。

  • オオニシ
  • 2007/10/23 8:19 PM



メイドさんったら、すごいじゃないですか!
ただの○○メイドじゃなかったのね。

ああ、私も同じく映画のことや、ノーベル平和賞を受賞したことは知ってましたけど、その内容の詳細を全然知ろうともしませんでしたわ。
興味を持って、知ろうとしたメイドさんも素晴らしいです。
私もそのプレゼンとやらを拝見したいです。どこで見られますでしょうか?

ああ、そうそう、ロウレスの世界ではゴア氏が大統領でしたよね??あれ、違いました?(誰か確認してください)。
きっとあの世界は以外にも平和で美しい世界だったのかも?

  • 小太郎
  • 2007/10/23 3:45 PM



コメントする